ヘルシンキベーカリーのおはなし-心からの感謝を、みなさまに。-

昨日29日、ヘルシンキベーカリーはついに最終営業日を迎えました。

3月20日(月)にお伝えして、あっという間に当日に…。
(あっという間になった理由はまた後ほどにお話させていただきますね)

店頭はもちろん、SNSでのコメントなどお客様からのお言葉を、たくさん!いただいて、お客さま一人ひとりにとってのヘルシンキベーカリーの過ごし方や想いを、お持ちいただいていることに、ヘルシンキベーカリーを大切にしていただいていたのだなぁ、と改めて実感しております。

インスタグラムで昔の写真と思い出をのせていますが、色んな試みをしてきたな…としみじみ思います。
長々と書いておりますが、ぜひご覧になってください。

8年間はあっという間で、過ごした時間は当たり前の毎日で、いつもお店にいるスタッフの頑張っている姿をみると、いろんな思い出があふれてきます。

01

 

 

 

 

 

 

 

冒頭でお話しした、あっという間になった理由ですが、店頭では告知しておりますが!
4月20日(木)に新店舗『BARBARA GOOD SWEETS TABLE』(バルバラ グッド スイーツ テーブル)としてリニューアルオープンいたします。

ただいまオープンにむけて準備をしていますので、次のお店についても少しご紹介させてくださいね!

main05_1200

 

 

 

 

 

東京発・おしゃれ美味しいレストランカフェ「BARBARA / バルバラ」が新しい業態「DELI,CAKE&CAFE.」で登場!
使用する食材にこだわった、見た目にもカワイイ!スイーツが並ぶ魅惑のスイーツテーブル。デコレーションが華やかなローフケーキ、レイヤーケーキ、季節のフルーツを使ったタルトなど、バリエーション豊かなスイーツが楽しめます。デリコーナーでは、数種類のデリから選べるデリプレートもご用意。
一日を通してセルフスタイルでカジュアルに、お食事もスイーツもお楽しみいただけます。

「バルバラ グッド スイーツ テーブル」は、自分の”好き”に出会える場所。ふらりと立ち寄れるいつもの場所、あなたの好きが詰まった時間を提供します。

ピンクのロゴが可愛いカフェがオープンです。
『BARBARA GOOD SWEETS TABLE』も、ヘルシンキベーカリーのように、皆さまに長く愛していただけるお店に成長できればと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

『BARBARA GOOD SWEETS TABLE』のinstagram、facebookも開設しました!

instagram > https://www.instagram.com/barbara.sweets.table/
Facebook > https://www.facebook.com/Barbara-GOOD-Sweets-TABLE-444144765931756/

こちらもぜひ、ご覧いただけましたら幸いです。!
最後になりましたが、ヘルシンキベーカリーをご利用頂きありがとうございました。
みなさまはもちろん、今まで頑張って一緒について来てくれたスタッフには感謝しかありません。
スタッフがいなければ、ここまでお店を続けていくことはできませんでした。
好きな事を続けることはとても大変ということ、スタッフがいなければ出来ないことばかりだったこと、お店を通じて学びました。

私たちにとって大切な宝物が、みなさまの思い出話に出てくることを祈り、このブログを終わりたいと思います。

8年間、本当にありがとうございました。心からの感謝を、みなさまに。

ヘルシンキベーカリーのはなし

いつもヘルシンキベーカリーをご来店頂きましてありがとうございます。
阪急西宮ガーデンズオープンより8年間営業して参りましたが、当店は3月29日(水)に閉店することとなりました。
突然のご報告になり、誠に申し訳ございません。
このお知らせをブログでどうお伝えしようか、ずっと考えていましたが…少し私の思い出話を添えてお伝えできればと思いますので、お付き合いください。

2008年、北欧の首都フィンランドをイメージしたベーカリーカフェレストランとして、阪急西宮ガーデンズにオープンしました。

その時、私は店舗スタッフとしてお店に立っていました。
オープン時は今のお店とは少し異なり、テイクアウトスペースは対面型でガラスのショーケースに並べられたパンたちは、フィンランドのベーカリーをそのままカタチにしたつくりでした。
フィンランドといえばシナモンロールが有名だったのでキューブ型にアレンジして『シナモンキューブ』が誕生しました。

IMG_8181

IMG_8215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライ麦の配合が高い商品は、今より多く並んでいてなんだかマニアックだなと感じていました。お料理もレストランスタイルでサラダやメインのお肉やハーブのじゃがいもなどを、ご用意していました。今考えるとすごいことしてたなと思います。

 

rossorisarada

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年か経ち、私はお店の店長を任されるようになりました。
お店に勤め出すようになってから、フィンランドで親しまれている食べ物や、文化を調べていくうちに”北欧・フィンランド”がどんどん好きになり、いろいろお料理・パンやホームページなども北欧のエッセンスを入れることを楽しんでいました。
日々お客様とお話していると『ヘルシンキベーカリーが好き』というお言葉や『こんなメニューがほしい』、時には厳しいお言葉を頂戴することもありましたが、お店のことを思ってくださっていることが伝わってきて、お店のため、自分そしてスタッフのためになりました。
いろいろ経験させていただくうちに、西宮という地域にもっと寄り添いたいと思うようになりました。

 

deli_poster_color

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライ麦パンをもっと身近にしたく、テイクアウトブースのスタイルや商品のラインナップを中心に変更したり、ホームページをリニューアルしたり、季節の商品の提案などを通じてフィンランドをイメージしたベーカリーカフェとしてお店が成長するようになりました。

フィンランドはとっても素敵な国、人もやさしいですし、フィンランドが好きな人たちも温かい方が多いなと思います。思い出としては、フィンランド大使夫人に会う機会があり、フィンランド語を調べて挨拶をしに行きました。『私たちはフィンランドのカフェをしています。フィンランドは好きです!』とジェスチャーとパンフレットを渡して伝えたことがあり、後日感謝状を頂きスタッフと喜びました。

_MG_7772

 

 

 

 

 

 

 

フィンランドのフルーツを教えてくれる方は、いろんなフルーツのジュースを送ってくださいますが…空輸なので価格が高くてびっくりしたり、フィンランド語のパンの名前を考えすぎてみんなで区別がつかなくなったり…フィンランドを通じて8年の間にいろんな出来事・出会いがありました。最後に夢だった”ヒンメリ”のワークショップもできて感謝しかありません。

私はお店に立つことは少なくなり、こうしたブログやSNSなどで、ヘルシンキベーカリーの情報発信をすることや商品開発がメインですが、今もお店が好きでがんばってくれているスタッフたちが日々の出来事を教えてくれるのが、とても楽しみで仕方ありません。いつもと変わらず一日、一日を大切に、お店でお客様のお出迎えをお願いしています。

私の思い出話が中心になってしまいましたが、閉店することをいつもご来店いただいているお客様にお伝えしたくブログを書きました。

今回、最後に私たちの思い出がつまった白樺(シラカバ)パンを販売することにしました!
フィンランドで自生している白樺の木をイメージして、ライ麦パンのなかにデーツ(ナツメヤシ)を入れて焼きました。

_MG_9058

 

 

 

 

 

 

_MG_9804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉店まではSNSでの配信やブログも更新していきたいと考えています。
お店にも立ちたいと思っています。
みなさまと少しでも、お話できたら嬉しいです。
ご来店をスタッフ一同、お待ちしております。

3月吉日
ヘルシンキベーカリー マネージャー
永田 史