新しいメニューのおはなし

もうすぐ2月ですが、春前の暖かく過ごしやすい季節はまだまだ遠そうですね。
寒い中、皆さまがご来店いただく姿をみると、温かいお食事・お飲み物で、ぬくもって帰っていただきたくなります。

急なお知らせではございますが1月26日(木)から店内イートインメニューを変更致しました!

夜のパスタセットをご用意しておりましたが、やっぱりお昼も召し上がっていただきたい!ということでスタッフと話合いを行い完全復活です!

_MG_0455

 

 

 

 

 

 

 

『ジンジャーポークとマッシュルームのクリームパスタ』
◎1250 yen(税抜) / ドリンクセット

フィンランドの冬のご馳走で、おなじみのハムをしょうがと一緒にボイルし、マッシュルームとあわせたクリームパスタ。豚肉とマッシュルームのうま味がつまった、寒い季節の今にピッタリなパスタです。
※紹介いたしましたパスタ含め、お食事プレート終日(10:00-20:00)でご用意しております。

そして、以前バレンタインパンのお話を少しさせていただきましたが、店内のドリンクでもショコラを使用したアレンジドリンクをご用意しました。

 

IMG_4774

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ショコラのミルクティー』
◎650 yen(税抜) /HOTorICE

茶葉にショコラとバニラの香りをつけた紅茶をたっぷりのミルクとあわせ、仕上げたミルクティー。飲むときにショコラとバニラのあまい香りが広がる1杯です。

ドリンクを考案する際に大切にしている事は、お客様に”やさしく・あったかい気持ち”になっていただけるようにと心がけております。
今回のこのショコラのミルクティーを飲んで、温まっていただけたらとても嬉しく思います。

 

そしてそして、先日!ヒンメリのワークショップを無事に開催することが出来ました。
ワークショップを開催するのが初めてだったので、わくわくどきどきしながら当日を迎えたのですが、ヒンメリが完成したときの笑顔が!参加してくださった皆様、すてきでとても嬉しかったです。講師の荻野さんはたくさんの小麦と糸を持ってきてくださいました。

unnamed (1)

 

 

 

 

IMG_4775
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小麦から藁をつくること~完成までと盛りだくさんで、立体的になるまで、みなさん真剣に荻野さんの話を聞きながら取り組んでいらっしゃいました。

unnamed (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんの出来上がった小さな可愛い゛ヒンメリ゛はまさしく゛穀物の精霊゛と云われるのがふさわしく、揺れるたびに幸せを呼んでくれるような気持ちになりました。
完成後に荻野さんともお茶を飲みながら、たくさんお話ができて、とてもいい朝活になりました。

こうやって北欧の装飾品を作り、北欧の文化を楽しんでいただけている姿を見ると、北欧の文化が身近になってきてるんだなと、嬉しく思います。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!!

今回のレシピはオヤスミです。次回をお楽しみに!

お友達とバレンタインのおはなし

寒い日が続いていますね。
白くなる息を見るとフィンランドも長く寒い季節の中で、暖かくなる春を心待ちにしているのかなと考えてしまいます。

暖かい季節を心待ち…の前にイベント!『バレンタイン』がありますね。
本日はバレンタインにちなんだ限定のパンについて、おはなしさせていただきますね。

IMG_4732

 

 

 

 

 

 

 

この時期は色々なお店でチョコレートの粒が宝石のようにキラキラとお店の店頭に並ぶので、見るとワクワクします。
そんなワクワクの気持ちを、パンに込めて!チョコレートを使ったアレンジパンを3種類ご用意しました。

・スクラー(折り込みチョコレート) / ¥180(税抜)
・バナナのフォンダンショコラ / ¥230(税抜)
・ショコラシリアルバー / ¥230(税抜)

その中でもいちおしの商品がこちら。

IMG_4731

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲スクラー(折り込みチョコレート)
こちらの商品ライ麦5%の生地にたっぷりのチョコレートを折りこんだパン。
チョコレートをたっぷりと感じていただける商品でお気に入りです。

日本ではバレンタインは、大好きな男性へチョコレートをプレゼントしたり、友チョコをあげたりする習慣がありますが、フィンランドでは「友達の日」。
プレゼントするのもチョコレートではなく、大切な友達にカードや贈り物を渡したりするんだそうですよ。フィンランドのバレンタインも素敵ですよね。

商品開発をする際、毎回どういうときに食べてもらいたいかと想像しながら開発をすすめていくのですが、今回はお友達に気軽なプレゼントとして購入してくださる方が多いと嬉しいなっと思いながら作りました。
もちろん、自分へのご褒美としてもコーヒーと一緒に、なんていうのもおすすめです。

いつもとは少しだけ違う特別な時間を、チョコレートのパンを通じて送っていただけたら嬉しく思います。
2月14日までの商品なので、お近くにお立ち寄りの際は是非、立ち寄ってみてくださいね。

 

●——●——●——●——●——●——●

IMG_4730

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はバレンタイン、チョコレートにちなんでショコラショー風のドリンクレシピです。

□材料
・刻んだ板チョコレート / 大さじ1杯分
・牛乳 / 120ml(マグカップの大きさによって変わります)

□作り方
1.板チョコレートは包丁で細かく切る、容器に入れて約1分電子レンジで温める
2.牛乳は沸騰直前まで温める
3.マグカップにチョコレートを入れて、牛乳を注いで混ぜる。

※お好みでチョコレートを調節して、ベリーやイチヂク、ママレードのジャムを入れるとフルーツショコラショーで楽しめます。
ぜひ、試してみてくださいね。

 

『ヒンメリ』ワークショップのおしらせ

◎フィンランド伝統装飾 『ヒンメリ』のワークショップ◎

_mg_7855

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィンランドで親しまれている光のモビール『ヒンメリ』は多面体で藁を繋げた装飾品です。主にライ麦の藁で作られるそうです。収穫したばかりの藁には、穀物の精霊が宿り、幸せを呼ぶ力があると信じられています。フィンランドではクリスマスの時期はもちろんですがお守りとして年中飾られています。

今回は2個ヒンメリを作っていただくティータイム付きのワークショップです。

日時:2017年1月23日(月)
時間:10:00-11:30
金額:2000円(税抜き)
お茶とパン付き
定員:10人 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
持ち物:ハサミと定規(藁が気になる方はエプロン)

◎ワークショップのせんせい◎
小麦粉家 荻野 志保 さん
季節の野菜や果物をつかい自家製酵母をおこしてパンを焼いています。
「小麦はどんなふうに育つんだろう?」という素朴な疑問から、仲間や農家さんと小麦を育てて、余すところなくつかう活動もしています。はじめて麦畑を見たときの感動や、自分で脱穀した小麦でパンやお料理をつくる愉しさを伝えたいと思っています。2009年の秋に、宝塚でちいさなパンの工房を開店しました。いろいろな場所で、小麦の藁でつくるヒンメリつくりをみなさまとたのしんでいます。

◎ご予約◎
ご予約の連絡先は店舗TEL:0798-78-5820 担当:深江 [フカエ] まで
※定員に達し次第締め切らせていただきます。

新年の御挨拶のおはなし / 『本日も営業しております』

みなさま、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。
昨年は、無事に8周年も迎えれて、新しい試みもでき、スタッフ一同とても良い経験をさせていただきました。

今年は当店にとっても新しいチャレンジをする年と見据えています。どんなカタチになって行くかは随時お知らせしていきます。私たちのチャレンジをどうぞ、見守っていただけたらと思っております。

題名に『本日も営業しております!』とした通り、阪急西宮ガーデンズは元旦から営業しております。

前回のブログでもお知らせしましたが、今年は1月1日(日)~1月3日(火)まで、限定のオリジナルトートバックの福袋を数量限定で販売いたします。

 

_mg_7658

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ヘルシンキベーカリーオリジナルトートバック+マグカップ+オリジナルブレンドティースオミ(2g×6個)+バターキューブBOX(5個)の¥3380-相当)
◎トートバックはピンクまたはベージュから選んで頂いています。
2800yen(税抜)
※数に限りがございます。なくなり次第終了させていただきます。
オリジナルグッズが網羅できるようにした商品ですのでおススメです!

そして、新しい試みの第一弾としてワークショップを開催します。
とっても楽しみにしていたこの企画、開催できることになりとっても嬉しい気持ちです。

 

_mg_7855

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎フィンランド伝統装飾 『ヒンメリ』のワークショップ
フィンランドで親しまれている光のモビール『ヒンメリ』は多面体で藁を繋げた装飾品です。
主にライ麦の藁で作られるそうです。収穫したばかりの藁には、穀物の精霊が宿り、幸せを呼ぶ力があると信じられています。フィンランドではクリスマスの時期はもちろんですがお守りとして年中飾られています。
今回は2個ヒンメリを作っていただくティータイム付きのワークショップです。

日時:2017年1月23日(月)
時間:10:00-11:30
金額:2000円(税抜き)
お茶とパン付き
定員:10人 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
持ち物:ハサミと定規(藁が気になる方はエプロン)

ずっと、ヒンメリを作るワークショップをしたいと思っていて、めぐりめぐって今回教えてくださる先生、小麦家 荻野 志保さんと出会いました!

荻野さんのプロフィールです。
季節の野菜や果物をつかい自家製酵母をおこしてパンを焼いています。
「小麦はどんなふうに育つんだろう?」という素朴な疑問から、仲間や農家さんと小麦を育てて、余すところなくつかう活動もしています。はじめて麦畑を見たときの感動や、自分で脱穀した小麦でパンやお料理をつくる愉しさを伝えたいと思っています。2009年の秋に、宝塚でちいさなパンの工房を開店しました。いろいろな場所で、小麦の藁でつくるヒンメリつくりをみなさまとたのしんでいます。

一度お会いして、ヒンメリについて色々話していく中でヒンメリはライ麦でつくると聞いてとっても運命を感じてしまいました…(笑)
今回は麦から藁になるお話も少ししていただきます。少しの時間ですが、みなさまに楽しんでいただけるような会にしたいと思ってます!ご興味がある方はぜひご参加ください。
ご予約の連絡先は店舗TEL:0798-78-5820 担当:深江 [フカエ] まで
※定員に達し次第締め切らせていただきます。

なんだかお知らせ続きになってしまいましたが今年もヘルシンキベーカリーとスタッフ一同をよろしくお願いします。
次回は新作パンのお話をさせていただきますね。今回は、レシピはお休みです。

本日も、皆さまのご来店お待ちしております。