オープンサンド登場!のおはなし

本日は秋のメニューリニューアルのお話をしたいと思います。

この度、9月1日よりヘルシンキベーカリーのフード・デザートメニューがリニューアルすることにしました!

今年の11月で8年目を迎える前に、私たちが提案するモノを見直すいい機会になりました。
『ヘルシンキベーカリー』は、北欧・フィンランドの首都ヘルシンキの食堂をイメージしたベーカリーカフェで、北欧で親しまれているモノ・コトを中心に特にライ麦パンを手軽に食べていただきたく、店内メニュー・テイクアウト商品をご用意しています。

01

 

 

 

 

 

 

 

今回、秋からはライ麦の入ったパンのオープンサンドが新しく登場します!

IMG_0744

 

 

 

 

 

 

 

フィンランドやデンマークでは、パンにバターを塗り…パンが隠れるくらいに具を乗せるのが主流なんだとか。

ヘルシンキベーカリーでご提案する、オープンサンドのベースは、オープン当初から出している、ライ麦5%山食パンと、初お目見えのライ麦20%山食パンの2種類でご用意しました。

ライ麦の%の違いででる特徴をご紹介しますと…

○ライ麦5%は、中が柔らかい食感です。
焼いても、軽く食べやすいですが、そのままでもおいしいです!

○ライ麦20%は少し生地がつまっており、ほんのりとライ麦の風味が楽しめる仕上がりに。
5%もおいしいのですが、どっしりとした食材を合わせる場合は、もう少しライ麦の食感と風味が強くても良いかな、と思い…シェフにお願いして作ってもらいました!

パンの上に盛りつける具材も、北欧で親しまれている食材とお野菜を一緒にあわせました。
ビーツの赤、サーモンのオレンジ、クレソンの緑、マッシュルームの白など一枚のパンの上に広がる、1つひとつの具材の存在感を大切に作りました。

morituke

 

 

 

 

 

 

ナイフとフォークで食べる『ライ麦のオープンサンド』の完成です。
具材とパンと一緒に食べても、具材そのままのシンプルな味だけでもお楽しみいただけます。

ノルウェー産サーモン、赤ビーツとインカのめざめディル風味のオープンサンド2¥1

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと山食パンが大好きで、このパンに様々な具材を盛りつけて楽しんでいたのですが、ライ麦の山食と食材のおいしい組み合わせを、みなさんにも知っていただけたら…とずっと思っていたので、それが実現できて嬉しい気持ちです。

もうひとつお知らせです。
お食事の提供商品の時間帯を少し変更しました。

○ライ麦のオープンサンド 10:00-20:00
○サーモンスープやグラタンのセット 11:00-15:00
○ケーキセット 10:00-20:00
○パンケーキセット 15:00-20:00

いつもご利用いただいているお客様には大変申し訳ございませんが、上記の時間帯にて商品をご提供することとなりましたので、何卒よろしくお願い致します。

17:00-20:00の夜のお食事セットは、継続してご用意しております!
ライ麦のオープンサンドが新しく仲間入りしましたが、デザートのケーキセットも種類が増えますので、お楽しみに!

今後も、私たちが大好きな北欧、フィンランドのモノ・コトを表現していけたらと考えています。
詳しくは阪急西宮ガーデンズ公式ホームページや、facebookにて随時、情報をお届けいたしますので、ぜひご覧くださいね。

insta

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そして…!この度、instagramもはじめました。
「#ヘルシンキベーカリー」で検索してみてくださいね。

instagramでヘルシンキベーカリーにチェックインや、「#ヘルシンキベーカリー」をつけてくださっている方も多く、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。
ヘルシンキベーカリーのパンを、お皿にのせてテーブルコーディネートをしてくださっているお写真もたくさんあって、その写真をみて私たちもコーディネイトの参考にさせていただいています。

今回はオリジナルレシピはお休みしますが、来月のレシピをぜひお楽しみに!
9月からの新しいメニューを、どうぞ宜しくお願いします。
みなさんのご来店をスタッフ一同、お待ちしております。