フィンランドの夏のザリガニパーティーのはなし

6月ももうすぐ終わり、季節は梅雨真っ只中…のはずですが、今年は蒸し暑いばかりであまり雨は降りませんね。

さて、フィンランドの夏は、日本と違って湿気も少なく過ごしやすい時期です。
そしてこの時期は、太陽が沈まない”白夜”の季節。
夜まで明るいので、ふと気がついて疲れたなぁと思ったらいつのまにか夜中になってたり…なんてこともあるそうですが、長い冬が終わってつかの間の夏は、ついつい気分も開放感になって1日中楽しんじゃうみたいですね。特に家族・友人たちでパーティーを開くことが多いみたいです。
というわけで、今回はフィンランドの夏のパーティーのお話を少し。

フィンランドの食文化で、個人的にビックリしたのが「ザリガニを食べる」ということでした。
これはスウェーデンからきた伝統的な行事で、7月末になるとザリガニが解禁されて山盛りの茹でたザリガニとお酒を囲んでパーティーが開かれます。
ザリガニ
調理法はとっても簡単で、ハーブとお塩を入れて茹でるだけ。
みんなでザリガニの歌を歌いながら、冷めたザリガニを手つかみで食べるのが醍醐味!とのことで、今夏のヘルシンキベーカリーのフェアイメージの撮影用にザリガニを仕入れて調理もしたんですが、私はちょっと食べられませんでした…。(※ヘルシンキベーカリーではザリガニをお料理として、ご提供してません。)

さて、フィンランドのザリガニ話は食べるだけにとどまらず、解禁後の街に”ザリガニグッズ”が登場するほどの盛り上がりになります。
ランチョンマットや紙ペーパー・コースター、パーティーとなると、ザリガニがプリントされた前掛けやポップな紙製の帽子なんかも。オトナもコドモも楽しめそうですね。
ヘルシンキベーカリーのお店ではこれをイメージして、ザリガニグッズを店内にたくさん飾っています。

ご来店の際にはチェックしてみてくださいね。少しフィンランドの夏のパーティーの雰囲気を感じていただけるかも?
ザリガニ食卓
ヘルシンキベーカリーでは、北欧で親しまれている食材で作ったスープ、パスタ、パンをご用意してお待ちしております。(※ザリガニ料理の提供はありません)

 

最後に恒例のレシピ紹介です。
本日はシナモンペーストとコーヒーを合わせたスパイスコーヒーのレシピをお届けします。
スパイスコーヒー
材料
・アイスコーヒー  120ML
・シナモンパウダー ティースプーン 少なめで1杯
・はちみつ     ティースプーン 1杯
・お好みで生クリーム

1.シナモンパウダーとはちみつと合わせてペースト状にする。※良く混ぜてダマにならないように
2.グラスに【1】のペーストとコーヒーを入れて混ぜておく。
3.氷を入れてお好みで生クリームの上にシナモンパウダーをかけて出来上がり。

シナモンがほんのり香るコーヒーです。
お好みでシナモンパウダーの量は調整してください。
夏にピッタリの爽やかな風味、お試しくださいね。