フィンランドのクリスマスのはなし

フィンランドはサンタクロースの街というのは、ご存知の方が多いかと思います。
今回は、そんなフィンランドのクリスマスについてのおはなしです。


クリスマスはフィンランド語で“Joulu(ヨウル)”といいます。フィンランドの人たちにとって日本でいうお正月と同じくらいの一大イベントです。

フィンランドでのメインイベントはクリスマス・イブで、この日は大事な家族で過ごす習慣があり、イブの午後からはお店も閉まって、なんと交通機関も止まります。

クリスマスの料理といえば『チキン』と連想しますが、フィンランドは『豚』がメインになり大きな豚のハムを食べる習慣があります。
他には、ジャガイモとアンチョビのグラタンやお魚料理が食卓を賑やかに飾り、お菓子ではジンジャークッキー、ジャムが入った星形のパイやチョコレートを食べるそうです。
フルーツやスパイスを赤ワインで漬け込んだ“グロッキ”はこの時期にだけ、飲まれるお酒として有名です。

※星形のパイやグロッキは、ヘルシンキベーカリーの店内でもお召し上がりいただけます!
(12月25日まで)

冬が長く、寒さが厳しいフィンランドは明かりも大切にしていて、ロウソクを家の色んな所に置いて楽しみます。(ロウソク消費量が世界一と言われています。)
そしてフィンランドのサンタクロースはみなさんが想像している登場はしないようで・・・。
フィンランドのサンタクロースは入り口からやってきて、呼び鈴を鳴らし『やあ!いい子はいるかい?』とプレゼントを持ってきてくれます。煙突ではないのです!その国によって、いろんなクリスマスの楽しみ方がありますね。
みなさんも、素敵なクリスマスをお過ごし下さい。

今回は、おうちでも簡単にできる“ノンアルコールグロッキ”のレシピをご紹介します。

【ノンアルコールグロッキ】
材料
・濃いめのぶどうジュース 75cc
・アップルジュース 60cc
・はちみつ ティースプーン1杯
・ベリージャム ティースプーン半杯(お好みで)
・シナモンパウダー 少々
・クローブ 少々

1.ジュースとジャムを入れて小鍋で温める。
2.はちみつとスパイスは、先にカップの中で混ぜ合わせておくのがポイントです。
3.温めたジュースを注いで、混ぜ合わせて完成です。

※オレンジリキュール、カシスリキュールを少し入れてほんのり温めたといただくとアルコールグロッキとしてお召し上がりいただけますよ。

さらにアルコールの場合はレモンスライスを入れて一日置くと味わいが増します。
ぜひ北欧流のクリスマスをお楽しみください!

店頭でもフィンランドの冬をお楽しみ頂けるメニューをご用意しております。
ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。