ヘルシンキベーカリーのおはなし-心からの感謝を、みなさまに。-

昨日29日、ヘルシンキベーカリーはついに最終営業日を迎えました。

3月20日(月)にお伝えして、あっという間に当日に…。
(あっという間になった理由はまた後ほどにお話させていただきますね)

店頭はもちろん、SNSでのコメントなどお客様からのお言葉を、たくさん!いただいて、お客さま一人ひとりにとってのヘルシンキベーカリーの過ごし方や想いを、お持ちいただいていることに、ヘルシンキベーカリーを大切にしていただいていたのだなぁ、と改めて実感しております。

インスタグラムで昔の写真と思い出をのせていますが、色んな試みをしてきたな…としみじみ思います。
長々と書いておりますが、ぜひご覧になってください。

8年間はあっという間で、過ごした時間は当たり前の毎日で、いつもお店にいるスタッフの頑張っている姿をみると、いろんな思い出があふれてきます。

01

 

 

 

 

 

 

 

冒頭でお話しした、あっという間になった理由ですが、店頭では告知しておりますが!
4月20日(木)に新店舗『BARBARA GOOD SWEETS TABLE』(バルバラ グッド スイーツ テーブル)としてリニューアルオープンいたします。

ただいまオープンにむけて準備をしていますので、次のお店についても少しご紹介させてくださいね!

main05_1200

 

 

 

 

 

東京発・おしゃれ美味しいレストランカフェ「BARBARA / バルバラ」が新しい業態「DELI,CAKE&CAFE.」で登場!
使用する食材にこだわった、見た目にもカワイイ!スイーツが並ぶ魅惑のスイーツテーブル。デコレーションが華やかなローフケーキ、レイヤーケーキ、季節のフルーツを使ったタルトなど、バリエーション豊かなスイーツが楽しめます。デリコーナーでは、数種類のデリから選べるデリプレートもご用意。
一日を通してセルフスタイルでカジュアルに、お食事もスイーツもお楽しみいただけます。

「バルバラ グッド スイーツ テーブル」は、自分の”好き”に出会える場所。ふらりと立ち寄れるいつもの場所、あなたの好きが詰まった時間を提供します。

ピンクのロゴが可愛いカフェがオープンです。
『BARBARA GOOD SWEETS TABLE』も、ヘルシンキベーカリーのように、皆さまに長く愛していただけるお店に成長できればと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

『BARBARA GOOD SWEETS TABLE』のinstagram、facebookも開設しました!

instagram > https://www.instagram.com/barbara.sweets.table/
Facebook > https://www.facebook.com/Barbara-GOOD-Sweets-TABLE-444144765931756/

こちらもぜひ、ご覧いただけましたら幸いです。!
最後になりましたが、ヘルシンキベーカリーをご利用頂きありがとうございました。
みなさまはもちろん、今まで頑張って一緒について来てくれたスタッフには感謝しかありません。
スタッフがいなければ、ここまでお店を続けていくことはできませんでした。
好きな事を続けることはとても大変ということ、スタッフがいなければ出来ないことばかりだったこと、お店を通じて学びました。

私たちにとって大切な宝物が、みなさまの思い出話に出てくることを祈り、このブログを終わりたいと思います。

8年間、本当にありがとうございました。心からの感謝を、みなさまに。

ヘルシンキベーカリーのはなし

いつもヘルシンキベーカリーをご来店頂きましてありがとうございます。
阪急西宮ガーデンズオープンより8年間営業して参りましたが、当店は3月29日(水)に閉店することとなりました。
突然のご報告になり、誠に申し訳ございません。
このお知らせをブログでどうお伝えしようか、ずっと考えていましたが…少し私の思い出話を添えてお伝えできればと思いますので、お付き合いください。

2008年、北欧の首都フィンランドをイメージしたベーカリーカフェレストランとして、阪急西宮ガーデンズにオープンしました。

その時、私は店舗スタッフとしてお店に立っていました。
オープン時は今のお店とは少し異なり、テイクアウトスペースは対面型でガラスのショーケースに並べられたパンたちは、フィンランドのベーカリーをそのままカタチにしたつくりでした。
フィンランドといえばシナモンロールが有名だったのでキューブ型にアレンジして『シナモンキューブ』が誕生しました。

IMG_8181

IMG_8215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライ麦の配合が高い商品は、今より多く並んでいてなんだかマニアックだなと感じていました。お料理もレストランスタイルでサラダやメインのお肉やハーブのじゃがいもなどを、ご用意していました。今考えるとすごいことしてたなと思います。

 

rossorisarada

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年か経ち、私はお店の店長を任されるようになりました。
お店に勤め出すようになってから、フィンランドで親しまれている食べ物や、文化を調べていくうちに”北欧・フィンランド”がどんどん好きになり、いろいろお料理・パンやホームページなども北欧のエッセンスを入れることを楽しんでいました。
日々お客様とお話していると『ヘルシンキベーカリーが好き』というお言葉や『こんなメニューがほしい』、時には厳しいお言葉を頂戴することもありましたが、お店のことを思ってくださっていることが伝わってきて、お店のため、自分そしてスタッフのためになりました。
いろいろ経験させていただくうちに、西宮という地域にもっと寄り添いたいと思うようになりました。

 

deli_poster_color

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライ麦パンをもっと身近にしたく、テイクアウトブースのスタイルや商品のラインナップを中心に変更したり、ホームページをリニューアルしたり、季節の商品の提案などを通じてフィンランドをイメージしたベーカリーカフェとしてお店が成長するようになりました。

フィンランドはとっても素敵な国、人もやさしいですし、フィンランドが好きな人たちも温かい方が多いなと思います。思い出としては、フィンランド大使夫人に会う機会があり、フィンランド語を調べて挨拶をしに行きました。『私たちはフィンランドのカフェをしています。フィンランドは好きです!』とジェスチャーとパンフレットを渡して伝えたことがあり、後日感謝状を頂きスタッフと喜びました。

_MG_7772

 

 

 

 

 

 

 

フィンランドのフルーツを教えてくれる方は、いろんなフルーツのジュースを送ってくださいますが…空輸なので価格が高くてびっくりしたり、フィンランド語のパンの名前を考えすぎてみんなで区別がつかなくなったり…フィンランドを通じて8年の間にいろんな出来事・出会いがありました。最後に夢だった”ヒンメリ”のワークショップもできて感謝しかありません。

私はお店に立つことは少なくなり、こうしたブログやSNSなどで、ヘルシンキベーカリーの情報発信をすることや商品開発がメインですが、今もお店が好きでがんばってくれているスタッフたちが日々の出来事を教えてくれるのが、とても楽しみで仕方ありません。いつもと変わらず一日、一日を大切に、お店でお客様のお出迎えをお願いしています。

私の思い出話が中心になってしまいましたが、閉店することをいつもご来店いただいているお客様にお伝えしたくブログを書きました。

今回、最後に私たちの思い出がつまった白樺(シラカバ)パンを販売することにしました!
フィンランドで自生している白樺の木をイメージして、ライ麦パンのなかにデーツ(ナツメヤシ)を入れて焼きました。

_MG_9058

 

 

 

 

 

 

_MG_9804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉店まではSNSでの配信やブログも更新していきたいと考えています。
お店にも立ちたいと思っています。
みなさまと少しでも、お話できたら嬉しいです。
ご来店をスタッフ一同、お待ちしております。

3月吉日
ヘルシンキベーカリー マネージャー
永田 史

新しいメニューのおはなし

もうすぐ2月ですが、春前の暖かく過ごしやすい季節はまだまだ遠そうですね。
寒い中、皆さまがご来店いただく姿をみると、温かいお食事・お飲み物で、ぬくもって帰っていただきたくなります。

急なお知らせではございますが1月26日(木)から店内イートインメニューを変更致しました!

夜のパスタセットをご用意しておりましたが、やっぱりお昼も召し上がっていただきたい!ということでスタッフと話合いを行い完全復活です!

_MG_0455

 

 

 

 

 

 

 

『ジンジャーポークとマッシュルームのクリームパスタ』
◎1250 yen(税抜) / ドリンクセット

フィンランドの冬のご馳走で、おなじみのハムをしょうがと一緒にボイルし、マッシュルームとあわせたクリームパスタ。豚肉とマッシュルームのうま味がつまった、寒い季節の今にピッタリなパスタです。
※紹介いたしましたパスタ含め、お食事プレート終日(10:00-20:00)でご用意しております。

そして、以前バレンタインパンのお話を少しさせていただきましたが、店内のドリンクでもショコラを使用したアレンジドリンクをご用意しました。

 

IMG_4774

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ショコラのミルクティー』
◎650 yen(税抜) /HOTorICE

茶葉にショコラとバニラの香りをつけた紅茶をたっぷりのミルクとあわせ、仕上げたミルクティー。飲むときにショコラとバニラのあまい香りが広がる1杯です。

ドリンクを考案する際に大切にしている事は、お客様に”やさしく・あったかい気持ち”になっていただけるようにと心がけております。
今回のこのショコラのミルクティーを飲んで、温まっていただけたらとても嬉しく思います。

 

そしてそして、先日!ヒンメリのワークショップを無事に開催することが出来ました。
ワークショップを開催するのが初めてだったので、わくわくどきどきしながら当日を迎えたのですが、ヒンメリが完成したときの笑顔が!参加してくださった皆様、すてきでとても嬉しかったです。講師の荻野さんはたくさんの小麦と糸を持ってきてくださいました。

unnamed (1)

 

 

 

 

IMG_4775
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小麦から藁をつくること~完成までと盛りだくさんで、立体的になるまで、みなさん真剣に荻野さんの話を聞きながら取り組んでいらっしゃいました。

unnamed (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんの出来上がった小さな可愛い゛ヒンメリ゛はまさしく゛穀物の精霊゛と云われるのがふさわしく、揺れるたびに幸せを呼んでくれるような気持ちになりました。
完成後に荻野さんともお茶を飲みながら、たくさんお話ができて、とてもいい朝活になりました。

こうやって北欧の装飾品を作り、北欧の文化を楽しんでいただけている姿を見ると、北欧の文化が身近になってきてるんだなと、嬉しく思います。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!!

今回のレシピはオヤスミです。次回をお楽しみに!

お友達とバレンタインのおはなし

寒い日が続いていますね。
白くなる息を見るとフィンランドも長く寒い季節の中で、暖かくなる春を心待ちにしているのかなと考えてしまいます。

暖かい季節を心待ち…の前にイベント!『バレンタイン』がありますね。
本日はバレンタインにちなんだ限定のパンについて、おはなしさせていただきますね。

IMG_4732

 

 

 

 

 

 

 

この時期は色々なお店でチョコレートの粒が宝石のようにキラキラとお店の店頭に並ぶので、見るとワクワクします。
そんなワクワクの気持ちを、パンに込めて!チョコレートを使ったアレンジパンを3種類ご用意しました。

・スクラー(折り込みチョコレート) / ¥180(税抜)
・バナナのフォンダンショコラ / ¥230(税抜)
・ショコラシリアルバー / ¥230(税抜)

その中でもいちおしの商品がこちら。

IMG_4731

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲スクラー(折り込みチョコレート)
こちらの商品ライ麦5%の生地にたっぷりのチョコレートを折りこんだパン。
チョコレートをたっぷりと感じていただける商品でお気に入りです。

日本ではバレンタインは、大好きな男性へチョコレートをプレゼントしたり、友チョコをあげたりする習慣がありますが、フィンランドでは「友達の日」。
プレゼントするのもチョコレートではなく、大切な友達にカードや贈り物を渡したりするんだそうですよ。フィンランドのバレンタインも素敵ですよね。

商品開発をする際、毎回どういうときに食べてもらいたいかと想像しながら開発をすすめていくのですが、今回はお友達に気軽なプレゼントとして購入してくださる方が多いと嬉しいなっと思いながら作りました。
もちろん、自分へのご褒美としてもコーヒーと一緒に、なんていうのもおすすめです。

いつもとは少しだけ違う特別な時間を、チョコレートのパンを通じて送っていただけたら嬉しく思います。
2月14日までの商品なので、お近くにお立ち寄りの際は是非、立ち寄ってみてくださいね。

 

●——●——●——●——●——●——●

IMG_4730

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はバレンタイン、チョコレートにちなんでショコラショー風のドリンクレシピです。

□材料
・刻んだ板チョコレート / 大さじ1杯分
・牛乳 / 120ml(マグカップの大きさによって変わります)

□作り方
1.板チョコレートは包丁で細かく切る、容器に入れて約1分電子レンジで温める
2.牛乳は沸騰直前まで温める
3.マグカップにチョコレートを入れて、牛乳を注いで混ぜる。

※お好みでチョコレートを調節して、ベリーやイチヂク、ママレードのジャムを入れるとフルーツショコラショーで楽しめます。
ぜひ、試してみてくださいね。

 

『ヒンメリ』ワークショップのおしらせ

◎フィンランド伝統装飾 『ヒンメリ』のワークショップ◎

_mg_7855

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィンランドで親しまれている光のモビール『ヒンメリ』は多面体で藁を繋げた装飾品です。主にライ麦の藁で作られるそうです。収穫したばかりの藁には、穀物の精霊が宿り、幸せを呼ぶ力があると信じられています。フィンランドではクリスマスの時期はもちろんですがお守りとして年中飾られています。

今回は2個ヒンメリを作っていただくティータイム付きのワークショップです。

日時:2017年1月23日(月)
時間:10:00-11:30
金額:2000円(税抜き)
お茶とパン付き
定員:10人 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
持ち物:ハサミと定規(藁が気になる方はエプロン)

◎ワークショップのせんせい◎
小麦粉家 荻野 志保 さん
季節の野菜や果物をつかい自家製酵母をおこしてパンを焼いています。
「小麦はどんなふうに育つんだろう?」という素朴な疑問から、仲間や農家さんと小麦を育てて、余すところなくつかう活動もしています。はじめて麦畑を見たときの感動や、自分で脱穀した小麦でパンやお料理をつくる愉しさを伝えたいと思っています。2009年の秋に、宝塚でちいさなパンの工房を開店しました。いろいろな場所で、小麦の藁でつくるヒンメリつくりをみなさまとたのしんでいます。

◎ご予約◎
ご予約の連絡先は店舗TEL:0798-78-5820 担当:深江 [フカエ] まで
※定員に達し次第締め切らせていただきます。

新年の御挨拶のおはなし / 『本日も営業しております』

みなさま、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。
昨年は、無事に8周年も迎えれて、新しい試みもでき、スタッフ一同とても良い経験をさせていただきました。

今年は当店にとっても新しいチャレンジをする年と見据えています。どんなカタチになって行くかは随時お知らせしていきます。私たちのチャレンジをどうぞ、見守っていただけたらと思っております。

題名に『本日も営業しております!』とした通り、阪急西宮ガーデンズは元旦から営業しております。

前回のブログでもお知らせしましたが、今年は1月1日(日)~1月3日(火)まで、限定のオリジナルトートバックの福袋を数量限定で販売いたします。

 

_mg_7658

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ヘルシンキベーカリーオリジナルトートバック+マグカップ+オリジナルブレンドティースオミ(2g×6個)+バターキューブBOX(5個)の¥3380-相当)
◎トートバックはピンクまたはベージュから選んで頂いています。
2800yen(税抜)
※数に限りがございます。なくなり次第終了させていただきます。
オリジナルグッズが網羅できるようにした商品ですのでおススメです!

そして、新しい試みの第一弾としてワークショップを開催します。
とっても楽しみにしていたこの企画、開催できることになりとっても嬉しい気持ちです。

 

_mg_7855

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎フィンランド伝統装飾 『ヒンメリ』のワークショップ
フィンランドで親しまれている光のモビール『ヒンメリ』は多面体で藁を繋げた装飾品です。
主にライ麦の藁で作られるそうです。収穫したばかりの藁には、穀物の精霊が宿り、幸せを呼ぶ力があると信じられています。フィンランドではクリスマスの時期はもちろんですがお守りとして年中飾られています。
今回は2個ヒンメリを作っていただくティータイム付きのワークショップです。

日時:2017年1月23日(月)
時間:10:00-11:30
金額:2000円(税抜き)
お茶とパン付き
定員:10人 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
持ち物:ハサミと定規(藁が気になる方はエプロン)

ずっと、ヒンメリを作るワークショップをしたいと思っていて、めぐりめぐって今回教えてくださる先生、小麦家 荻野 志保さんと出会いました!

荻野さんのプロフィールです。
季節の野菜や果物をつかい自家製酵母をおこしてパンを焼いています。
「小麦はどんなふうに育つんだろう?」という素朴な疑問から、仲間や農家さんと小麦を育てて、余すところなくつかう活動もしています。はじめて麦畑を見たときの感動や、自分で脱穀した小麦でパンやお料理をつくる愉しさを伝えたいと思っています。2009年の秋に、宝塚でちいさなパンの工房を開店しました。いろいろな場所で、小麦の藁でつくるヒンメリつくりをみなさまとたのしんでいます。

一度お会いして、ヒンメリについて色々話していく中でヒンメリはライ麦でつくると聞いてとっても運命を感じてしまいました…(笑)
今回は麦から藁になるお話も少ししていただきます。少しの時間ですが、みなさまに楽しんでいただけるような会にしたいと思ってます!ご興味がある方はぜひご参加ください。
ご予約の連絡先は店舗TEL:0798-78-5820 担当:深江 [フカエ] まで
※定員に達し次第締め切らせていただきます。

なんだかお知らせ続きになってしまいましたが今年もヘルシンキベーカリーとスタッフ一同をよろしくお願いします。
次回は新作パンのお話をさせていただきますね。今回は、レシピはお休みです。

本日も、皆さまのご来店お待ちしております。

ヘルシンキベーカリーの冬支度のおはなし

12月も半ばを過ぎ、あっという間に今年も終了してしまう気がして少しびっくりしています。

今年一年もたくさんのお客様や、周りの方たちと出会えたことを、とても!うれしく感じています。

本日はメニュー企画の取り組みのお話を少し。冬は少し違う試みをしたいと打ち合わせを重ねていました。ヘルシンキベーカリーには、ブランディングチームがいるのですが、何回も打ち合わせをして企画を考えます。チームと書いたのですが大それたものでなく、お店のスタッフも入れて4~5人の少人数です。考える人、作る人、デザインする人、見せる人、伝える人と構成されています。

まずは、考える人、作る人、伝える人で素案を出します。すんなり『やりましょう!』となる場合と『うーん』と難航するパターンと様々です。これがまとまると、見せる人とデザインする人が登場して、私たちの想いを、さらに大きく、素敵にしてくれます。

今回はバターキューブをたくさんの方に知ってもらいたい、いろんな食材と合わせて楽しんでもらいたい!をどう“カタチ”にするかというテーマの企画が立ち上がりました。

バターキューブは5cm角のキューブのパンです。シンプルにそのままでも、トーストしてカリカリにしていただいてもおいしくお召し上がりいただけます。ライ麦も少し入っています。

_mg_7569

 

 

 

 

 

 

 

食事は毎日、朝、昼、夜とやってきます。『食べる』ということを楽しく、ハッピーに味覚の他にも視覚でも感じてもらいたい…という気持ちがありバターキューブで表現したいと考えていました。

個人的には気に入ったパンはあると毎日でも食べたくなるタイプです…なのでアレンジしていろんな食べ方をしたいなと。
店内のメニューで、時々作り方をご質問してくださるお客様もいるので一斉にお伝えできる方法はないかなぁ…と、いろいろミーティングを重ねていくうちに、イベントに向けたレシピをお客さまにお伝えしていきたい!という話が挙がりました。

フィンランドの冬は毎回お話していますが、クリスマスが一番、大きなイベントです。冬が長い国、家族で過ごすことが多く、ホームパーティーが開催されることも。そんなフィンランドを想いながら『クリスマス』、『パーティー』、『フィンランド』そして日本で大切にしている『お正月』を楽しみに迎えられるようにと、バターキューブのアドベントカレンダーを作ることに決めました。

フィンランドは11月頃からクリスマスの支度をするというシーンを思い描いて、きっとウキウキとかワクワクする気持ちがあるだろうな…そんな気持ちをパンに表現できないかな…と考えて、クリスマスシーズンアレンジと、お正月シーズンアレンジでバターキューブを楽しんでいただけるように、レシピをシェフに作ってもらいました!

ということで…!12月21日(水)~12月30日(金)まで1日ずつ写真とレシピをアップしていきますね!レシピはinstagramやFacebookに公開しますよ♪

▼ヘルシンキベーカリー
instagram > https://www.instagram.com/helsinki.jp/
Facebook > https://www.facebook.com/helsinkibakery

 

unnamed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛く写真をデザインする人が、写真を加工してくださいました。とってもうれしいです。

バターキューブの写真をご覧になって、難しいかな…できるかな…など思われたかもしれませんが!意外と簡単です!レシピを参考に、自分流にアレンジしてしまっても素敵ですよ!

食材も例えば、人参の所は大根に、コンポートのレシピは市販のジャムに、プチトマトは大きいトマトもしくはトマトケチャップでも…。美味しく、たのしく食べることを大事に、ちなみに私はプチトマトも大きいトマトもケチャップもなしでチーズだけで作ったりもしています(笑)

どんなレシピがアップされいくか、毎日チェックしていただけると嬉しいです!

 

そして続けてお知らせになりますが2017年元旦からオープンいたします!今年は1月1日(日)~1月3日(火)まで数量限定のオリジナルトートバックの福袋を販売いたします。

_mg_7658

 

 

 

 

 

 

 

【ヘルシンキベーカリーオリジナルトートバック+マグカップ+オリジナルブレンドティースオミ(2g×6個)+バターキューブBOX(5個)の¥3380相当)】
トートバックはピンクまたはベージュから選んで頂いています。

2800yen(税抜)
※数に限りがございます。なくなり次第終了させていただきます。

●●●年末年始の営業時間はこちら●●●


2015年末年始_HB

 

 

 

 

 

 

 

本年もいろいろな出会いや発見があり、楽しい年でした。来年も元気いっぱいに、お店でお待ちしております。

ヘルシンキベーカリースタッフ一同

●——●——●——●——●——●——●

本日のレシピはバターキューブカレンダーに登場するドライトマトの作り方です。市販でもOKですが簡単に作れるので、ご紹介しますね!

□材料
・プチトマト(普通のトマト8カット)
a:塩
a:砂糖
a:黒胡椒
・オリーブオイル
・にんにくのスライス(お好みで)
・ハーブ

□作り方
1.プチトマトは半分に普通のトマトは8等分にカット
2.トマトの上にaを適量かけて、お好みでにんにくのスライスやハーブを加える。
3.最後にオリーブオイルを全体にかけて120℃のオーブンで60分焼く
※POINT:途中で何回かトマトからの水分をキッチンペーパーで軽くふき取る
4.焼きあがったらオリーブオイルに漬けて冷蔵庫で保存
※お早めにお召し上がりください。

ちゃんとアップできるかドキドキですが…バターキューブカレンダーお楽しみに!

冬のおはなし

寒さが増して、いよいよ冬が到来!です。
フィンランドは外は早く暗くなりお家の中で過ごすことが多くなる季節、当店もフィンランドのお家をイメージして大テーブルにはロウソクのディスプレイを置いています。
フィンランドはロウソクたくさん灯す文化があるそうです。

img_4432

 

 

 

 

 

 

 

8周年のイベントも無事に終わり、前回ご紹介させていただいたフルーツのオープンサンドも、大変ご好評いただき、お客様への提供時の嬉しいリアクションや、写真を撮ってくださっている姿にとっても嬉しくなりました。

ありがとうございます。

そして、11月28日(月)から、ヘルシンキベーカリー冬のメニューがスタートしました。
フィンランドはとても寒い国なので温かみのある商品や、明るいカラーを使う習慣があるので、そういったことをイメージし、完成したメニューたち。

まずは季節限定のライ麦パンのオープンサンドをご紹介させていただきます。

_mg_3230

 

 

 

 

 

 

 

『チーズフォンデュソースのベジタブルディルトースト』
◎¥1,300 (税抜) / ドリンクセット

秋にご好評いただいてた、野菜チーズのオープンサンドを少しアレンジし、冬でもお野菜がたっぷりとれるメニューを、お客様に提案したいっ!という思いから商品試作がはじまり…
チーズフォンデュのチーズの配合・濃度など細かい試行錯誤をし完成したスタッフおすすめのオープンサンドです!
普通のトーストではなくハーブのディルとバターを一緒にトーストしている部分もポイントなんですよ。チーズをそのままオープンサンドの上にかけるのも良し、パンをチーズにディップしてみたり、いろんなスタイルで楽しんでもらえるので、是非お気に入りの食べ方を見つけてみてくださいね。

前回のブログではヒンメリとクリスマス(フィンランド語でJoulu(ヨウル))のお話をしましたが、フィンランドのクリスマスについてもう少しお話させていただきますね。

porvoo

 

 

 

 

 

 

 

 

フィンランドの人たちにとってクリスマスは日本でいうお正月と同じくらいの一大イベントです。クリスマスの食卓には大きな豚のハムやグラタン・お魚料理が食卓を賑やかに飾ります。

フルーツやスパイスを赤ワインで漬け込んだ¨グロッキ¨はこの時期にだけ飲まれるお酒として有名です。お菓子ではジンジャークッキー・ジャムが入った風車形のパイやチョコレートを食べられるそうです。

img_4433

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店でもちょっぴりフィンランド気分を味わっていただきたく゛グロッキ゛と゛風車形のパイ゛をご用意しております。(風車形のパイは12月25日までの期間限定販売です!!)

ドリンクの゛グロッキ゛はアルコール入りとノンアルコールでご用意しております。香りが良く、飲むとスパイスとアルコールでからだがぽかぽかあったまってきます。

風車形のパイが店頭に並ぶ時期が来ると、クリスマスの季節が今年も来たねとスタッフの間でも定番になっております。

今回ご紹介させていただいた商品以外にもフィンランドの冬をお楽しみ頂けるメニューを店内・テイクアウトともにご用意しております。

スタッフ一同笑顔でお待ちしておりますので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。

●——●——●——●——●——●——●

img_4434

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はシナモンコーヒーのレシピをご紹介します。

□材料
・濃い目のコーヒー マグカップ適量
・シナモンパウダー 2~3フリ

1.マグカップにシナモンパウダーを入れる
2.温かいコーヒーを注ぐ
3.混ぜて出来上がり

お好みでシナモンの量を調節してください。
ホットカフェオーレやホットミルクにもシナモンとの相性が良いのでぜひお試しくださいね。

インスタグラムはじめております。
「#ヘルシンキベーカリー 」でみつけてみてくださいね。

8th Anniversary!のおはなし

『ヘルシンキベーカリー』は11月26日(土)で、8周年を迎えます!

つい最近、5周年のご挨拶をさせていただいたばかりだと思っていたのですが、あっという間に8周年!

8周年を迎えることができたのも、みなさまの“お気にいりのお店の1つ”にしていただけた おかげだと思っています。本当にありがとうございます!

お客様とお話させていただいていると、まだまだ知らないことや共感していただけること、いろんな発見のある日々をスタッフと感じています。これからも大好きな北欧のモノ・コトを食を通じてお伝えできたらと思います。

そして!8周年のメニューを作りました!

 

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%94%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%89

 

 

 

 

 

 

 

『ブルーベリーとりんごのフルーツオープンサンド』
◎1150 yen(税抜) / ドリンクセット

ライ麦山食パンをデザート仕様でご用意しました♪
2016年11月27日までの期間限定商品ですので、ぜひこの機会にお越しくださいね。
みなさまのご来店をスタッフ一同、元気いっぱいの笑顔でお待ちしております!

そういえば!11月に入り、阪急西宮ガーデンズでは一足お先にクリスマスモードになっていますよ。フィンランドでも11月からクリスマスの準備を始めるので、タイミングが北欧と同じに思えてうれしくなります。

 

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルシンキベーカリーのスタッフは、実は…10月からクリスマスツリーの飾りの準備をしています!毎年どんなツリーにするか、スタッフと一緒に考えるのですが、今回はそれとプラスでフィンランドの伝統装飾『ヒンメリ』を飾ろう、ということで…ヒンメリ作りの練習をしております。

『ヒンメリ=himmerli』は、フィンランドの伝統的なヨウル[フィンランド語でクリスマス・クリスマスシーズン]の装飾品、藁で作った多面体の飾りをつなげたモービルのことなんです。
別名では『光のモビール』という名で、素敵な名前だなと思います。

ヒンメリは、ライ麦の藁で作られており、収穫したばかりの新しい藁には穀物の精霊が宿り、幸せを呼ぶ力があると信じられたので、家族でつくったヒンメリを食卓の上の天井に吊るし、そのヒンメリに光を感じ天との繋がる道を作り、翌年の豊作と冬が長い北欧にとって太陽を心待ちにしながら夏至を迎えるためのお守りのようなものとして親しまれていたのだとか。
その後はキリスト教の伝統がフィンランドで広まり、ヒンメリはクリスマス装飾の意味合いが強くなったそうです。他にも、神様を迎える清浄な場所であることの意味合いをもつヒンメリは、結婚式の装飾に使用されるようにもなりました。
なんと…、一時期クリスマスツリーの存在が大きくヒンメリの存在も消えかけたそうですが、ヒンメリのよさを再度伝えてくれた方により、現在はお祭りがある度に登場し、一年中飾られているそうです!

 

%e3%83%92%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、ヒンメリ作りにチャレンジしている時に撮影しました。
長い糸を12本の藁に通し、あまった部分を結ぶと立体的に!藁でなくても、ストローで簡単に作れるとのことで、ストローで作ってみました。

最初は難しくてスタッフに手伝ってもらいましたが、覚えると簡単ですよ。
こうやって北欧の装飾品を作ったりしていると、北欧の文化が身近になってきてるんだなと、うれしく思います。
風に揺れたり、くるくる回ったり、いろいろな表情のヒンメリをみていると、お守りの意味合いが深いということもあり、何か守ってもらっているのかなと感じてしまいますね。

そんなヒンメリが、ツリーに飾られていたら、作れたんだな!と思っていただけると嬉しいです!ヘルシンキベーカリーのツリーもお楽しみに♪

今回レシピはお休みです、次回をお楽しみに!

インスタグラムはじめました。
「#ヘルシンキベーカリー 」でみつけてみてくださいね。

山食パンのおはなし

9月1日よりメニューが変更になり少し経ちました。 蒸し暑い季節が涼しくなり一気に秋めいてきましたね。秋は落ち着いた色が多く、私がイメージする秋のカラーはブラウンです。ブラウンひとつの色をとっても、様々な色合いが混ざり合い、深みが増してくる感じが好きです。

%e6%a3%ae

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、秋と言えば…芸術鑑賞、読書…もちろん食欲の秋も!ですよね。ウキウキしてきます。フィンランドの秋は『ルスカ』という森にでかけるのですよ…といったお話をしようかと思いましたが、以前にもご紹介したことがあるので、詳しくは公式ブログより『夏の終わり、秋の訪れ』をご覧くださいね。

 

img_1143

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は当店の店内で使用しているサンドウィッチのパンについてお話させていただきます。前回のブログでも少し新メニューと共に書きましたが特徴を詳しくお伝えしようと思います。

 

◎ライ麦5%山食パンのおはなし◎

5yamashoku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この商品はライ麦が生地全体の5%。通常の小麦の量が多いので食べやすいです。
やわらかいトコロが特徴で、スタッフも焼き上がり後の状態をとても心配します。
焼き上げてからそろーっと網にのせてゆっくりと冷まします…少しでも衝撃があると腰折れてしまうくらい繊細なコです。
焼きたては柔らかすぎてスライサーの刃が入らないくらいなんですよ!
生地を間近でご覧いただくと、ほんのりライ麦の粒が見えます。
食べている時にそのライ麦の粒にあたった瞬間に、生地の中にもアクセント的にライ麦があることの意味を知れます。 (※あくまでの個人の見解が入っています。)

トーストしなくっても美味しいのですが、トーストする場合の目安は3分程度です。
焼きあがった時にわかりますが、焼いた後は芳ばしい香りと共に、軽いイメージから少ししっかりとした仕上がりになります。 パンの耳は焼くとクロワッサンのような薄い中にもしっかりとした挽きが感じられます。

食パンの厚さを少し太めに3cmくらいに切って、トーストしたらバターを塗ります! オムレツと季節野菜をのせて食べるのがすごくおススメです。

このときはヘルシンキベーカリーのオリジナルブレンド『スオミ』を濃くだして、たっぷりのお砂糖とミルクを入れて合せるのがお気に入りです。

 

◎ライ麦20%山食パンのおはなし◎

20yamashoku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧頂いたらすぐにわかると思いますがライ麦の色が全体的にでています。

ライ麦5%と違いライ麦の量が増えるので、どっしりとした感じが特徴のパンです。
生地がつまっているのでもっちりとした食感に近い印象があります。
(※あくまでの個人の見解が入っています。)

トーストの目安は3分程度です。
トーストするともっちりが、しっかりに変化し…焼き目が芳ばしく、ライ麦パン食べてます、いまっという感じです。 焼いた後にちぎってみていただくと、生地がしっかりしているのがわかると思います。

オススメの食べ方はは、2.5cmスライスに切ってバターをぬってそのままで。
またはスモークサーモンに塩、オリーブオイルとクレソンを挟んだサンドでも…美味しいんです! 物足りなければクリームチーズを少しあわせると風味が変わります。

フィンランドの人たちは冬が長いので保存に適している燻製を夏の終わりから秋にするそうです。ベーコンのスモーク、チーズのスモークなどもサンドに合いそうなので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。 当店の食パンのご紹介でした。

11月1日より西宮ガーデンス8周年の記念メニューがはじまります。
今年のメニューはトーストのデザートです! シュガートーストにフィンランドで親しまれているベリーとりんごを添えて仕上げました。

●——●——●——●——●——●——●

今回のレシピは…フレンチトースト♪

fullsizerender

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□材料 ・食パン(ライ麦5%)
お好みの厚さで(2cmがおススメです) 2枚
・フレンチトースト液 

牛乳      100cc
生クリーム     100cc
卵       1個
砂糖      大さじ3
・バニラエッセンス   適量
・バター      フライパンに1カケラ
・お好みのフルーツ

□作り方
①ボウルに卵を溶きほぐす、その後に牛乳と生クリームを入れて混ぜる
②バニラエッセンスを数滴入れる
③液体にパンを浸し30分程度おく
④フライパンにバターを敷いて、泡立つくらいまで温める
⑤フライパンにパンをのせて焼く、片面2分
⑥お皿に盛る
⑦お好みでフルーツをのせる

今回は、りんごを焼いてのせてみましたよ!
バニラアイスとの相性も抜群ですね!

インスタグラムはじめました。#ヘルシンキベーカリー 」でみつけてみてくださいね。